中村ひろしの政策⑦「教育」

トップページ > 中村ひろしの政策⑦「教育」

都議会議員 中村ひろし(三鷹市選出)さんの投稿 2017年6月27日

・無償化

 民進党は、誰もが格差なく教育を受けられるよう、教育は無償であるべきと考えています。その実現への第一歩として、民主党政権のときに実現した高校無償化をベースとした(その後一部有償化)、民進党の提案により東京都版の返済不要型奨学金制度が創設されました。

 今後も高校教育の無償化実現に向けて積極的に政策提案を行っていきます。

 

・いじめ

 いじめの早期発見、早期対応を進めるためには、学校の先生だけの対応では限界があります。民進党は、学校サポートチームやスクールカウンセラーの配置推進を継続して求めてきました。スクールカウンセラーの設置は進みましたが、現場からは常駐や、生活面でのさまざまな課題への対応もあわせて行うための学校サポートチームなどの要望も聞かれます。必要に応じて学校サポートチームの導入ができるよう取り組みを進めていきます。

 

・給食費無償化

 小中学校などの義務教育は無償といわれていますが、実際には給食費や教材費など学校が保護者から集金することが結構あります。

 私は、教育の無償化推進のひとつとして給食費を無償化を提案しています。

 この実現には、国と東京都が協力して取り組む必要があります。

 

① 都政改革・議会改革

② 情報公開 

③ 誰もが活躍できる働き方改革

④ 障がいを持つ方への取り組み

⑤ 女性の活躍

⑥ 子ども・子育て

⑦ 教育

⑧ まちづくり

⑨ 防災

⑩ 産業

⑪ 商店街振興

⑫ 観光振興

⑬ 医療・健康

⑭ 高齢者福祉

⑮ 豊洲問題

ページの先頭へ ▲ページの先頭へ