トップページ > 都議会質問 > 都議会本会議(文書質問) > 都道の自転車の安全、児童相談所の体制強化を文書質問

都議会質問都民の声を都政に届ける

都道の自転車の安全、児童相談所の体制強化を文書質問

12月16日、都議会の本会議で質問の機会を得らなかった議員がその代わりに行うことができる文書質問を提出しました。質問は議員の最も重要な仕事であり毎回提出しています。今回は、都道における自転車の安全について、児童相談所の体制の強化について質問を提出しました。

1.都道について

1 道路交通法では自転車は軽車両として原則車道を走ることになっていますが、これまではどちらかというと歩道を走る自転車が多く、近年、あらためて警察庁が原則を徹底するようになりました。現在、自転車がどこを走るか分かりにくくなっています。都道において、自転車通行空間の整備手法をどのように選定し整備しているのか伺います。

2 今定例会に提案された「都道における道路構造の技術的基準に関する条例の一部を改正する条例」が提出されました。今回、道路構造令の一部改正により、「自転車通行帯」が新たに規定されました。自転車通行帯は歩道と完全に切り分けるため、歩行者の安全は増しますが、車道のため当然のことながら左側通行となるため、広い幹線道路で中央分離帯がある場合にはかなり迂回しなければならなくなります。道路幅があれば、歩道部の自転車通行空間も、自転車通行帯も両方整備できるのですが、現状は困難となっています。今回の条例改正を受けて、今後、都道の構造を変えるのか、どのように整備するのか、伺います。

3 都道において、歩道の中に設置された自転車通行空間では、店舗や住宅の入り口の切り下げや、接続する道路との交差部において視覚障がい者のために段差が設けられています。自転車で走行すると段差が激しく走りにくくなっています。そのため、歩道に自転車通行空間があっても車道を走行する自転車が多く、車道の幅がないと自動車の渋滞が起こる場所も目にします。交差部の縁石による段差は、視覚障がい者の安全な歩行確保のためにあるなら、歩行者通行部分と自転車通行部分の間に段差があればよく、今のままだと、視覚障がい者の方が自転車と接触する恐れもあり、段差をつける場所が違っているのではないかと考えます。自転車通行空間は、自転車にとって走りやすくすべきですが見解を伺います。

4 店舗や住宅の入り口では自動車が出入りするために、歩道が切り下げられています。自転車も走りにくいだけではなく、車椅子の方は通行する際、かなり傾くため、安心して通ることができません。歩道の幅員全体を切り下げるのではなく、車道との接続部分だけを斜めにすればよいのでないかと考えますが見解を伺います。


2.児童相談所について
1 今定例会では、児童相談所を設置する区を都の児童相談所の所管区域から除外するとの条例が提案されました。今後、他の区も同様の動きがあると推測されます。今回、世田谷児童相談所を廃止し狛江市が多摩児童相談所の所管区域になるよう提案されていますが、混乱がないようにしなければなりません。児童相談所の設置に関して地元自治体、関係者に周知し、丁寧に説明する必要がありますが、取り組みを伺います。

2 杉並児童相談所は、三鷹市、武蔵野市、中野区、杉並区の4市区を所管区域としています。仮に、中野区、杉並区にも児童相談所が設置されれば杉並児童相談所の存立に影響を与えます。今後、どのような予定になっているのか伺います。

3 杉並児童相談所について、三鷹市、武蔵野市にも影響があることから、両市の意見も聴き、丁寧な情報提供も必要です。また、両市の児童相談体制が弱体化することがあっては絶対にあってはなりません。都の見解を伺います。

4 以前、保健所が統廃合されサービスの低下が懸念されたこともありますが、東京全体としての児童相談所の体制を弱体化させることもあってはなりません。まだまだ、職員の不足が言われる中で、区部との人材の取り合いになったり、区部への偏重になったりと、多摩地域での体制が弱くならないようにする必要があります。3区が児童相談所を設置しても、都のすべての児童相談所で児童福祉司の増員など体制を強化していかなければならないのですが、見解を伺います。

ユーティリティ

過去ログ

ページの先頭へ ▲ページの先頭へ