トップページ > 都議会質問 > 都市整備員会で築地市場跡地再開発を質疑しました

都議会質問都民の声を都政に届ける

都市整備員会で築地市場跡地再開発を質疑しました
  • 2019/12/12

12月12日、都議会都市整備委員会に出席し、築地市場跡地の再開発についての質疑が行われました。都心に残る貴重で広大な23haの土地の開発は、民間の提案を募集し、2022年を目途に工事が着手されるとのことです。質問を通じて食の文化の継承、地元中央区の意見反映、場外市場との連携等を求めました。

質問の概要は以下の通りです。

Q1:築地地区まちづくりについて質問します。都議会での付帯決議「築地のまちづくりについては、中央区との合意を踏まえ、築地での食文化の拠点が継承されるよう最大限協力すること。」を踏まえて質問します。 

 今回、「船着場周辺エリア(第0段階)」の実施方針の方向性が示されました。場所の特性から舟運をかなり強調した方針になっていますが、3月に発表した方針のゾーニングでは具体的にはホテルやサービスアパートメントなどを想定しているようです。ただ、これは第0段階からのものか、第3段階からのものか方針では明確ではありません。第0段階は中期の定期借地とすることで、築地地区全体を見据えて実施すべきと考えますが、どのような内容を想定しているのか伺います。

Q2:第0段階にも第1工区と第2工区がありますが、具体的にはどのような進め方を想定しているのでしょうか。募集は1つの事業者か、2つの別の事業者でしょうか。先に事業を行う第1工区は海側なので舟運がメインで、第2工区は場外市場側なので、にぎわいがメインでしょうか。どのような進め方を検討しているのか伺います。

Q3:まちづくり方針で環境への配慮を強くうたっています。しかし、定期借地を終えると、まちを壊して作り替えることは環境への配慮といえるのでしょうか。見解を伺います。

Q4:第0段階のエリアでは、令和2年頃に事業者募集とありますが、実際には、オリンピックまでは車両基地等に活用し、そのあとで土壌汚染対策と埋蔵文化財調査を行うとのことです。具体的に整備が始まり事業を行うスケジュールは令和4年10月を目途とありますが、オリンピック・パラリンピックが終わるのが令和2年9月で、2年間で対策を完了することになるのですが、その目途はついているのでしょうか。見込みよりこれらの対策が遅れたらどうなるのでしょうか、伺います。

Q5:もともと中期の定期借用を想定しているようです。まちづくり方針では、第0段階が2020年頃に事業者を募集、第1段階は2022年頃に事業者を募集、第2段階は2020年代半ば頃に事業者を募集とあります。この第0段階を再整備する第3段階ではスケジュールの記載がありません。とはいえ、第0段階から中期の定期借地なので最低10年ですから、第3段階は最速でも2030年代以降の事業者募集となります。全体像が明らかになるのはかなり先になり、そのころは社会状況も変わっている可能性は十分あります。これまでの委員会の質疑では全体の自由度を高めるためにゾーニングは厳密なものではないというが答弁されていました。第0段階の地域は第3段階として再整備するのですが、10年以上も経過すると社会状況の変化などで大きく状況が変化すると思われますが、第3段階までに再度新たな姿を見直すことが重要かと思いますが見解を伺います。

Q6:小池知事が当初示したスケジュールでは5年で再開発するとのことでしたが、途中から5年で事業開始という表現に変わっていました。そして今回、令和4年10月から着工となると、それすらまた遅れてしまっているのではないかと思います。あらためて知事が示したスケジュールと今回の方針との整合性が取れているのか伺います。

Q7:舟運も大事ですが、将来的に地下鉄が通るとなると、利用する人数は圧倒的に地下鉄の方が多くなると思われます。だからこそ、第0段階では舟運の活用とはありますが、あらためて第3段階として地下鉄の駅を見越して再開発することになり、舟運よりも駅が中心の再開発になると思います。今後、地下鉄の整備は第3段階に大きな影響を与えます。万一地下鉄ができなくても予定通り第3段階の再整備を行うのか、それとも地下鉄の整備を待って第3段階の整備を行うのか、地下鉄と舟運がどのように再開発に影響するか伺います。

Q8:都議会の附帯決議で食文化の継承を決めたこともあり、その重要性をずっと主張してきました。これは、重要な要素ですが、第0段階の範囲と期間でどのようにプロポーザルに反映させるのでしょうか。見解を伺います。

Q9:これまでの議会での審議では、地元中央区の意向や特に隣の場外市場との関係が重要になります。中央区や場外市場、住民の意見を聞く必要がありますが、どのように聞くのでしょうか。プロポーザルの審査をするメンバーの中に少なくとも中央区の代表が入ってもよいと考えますが見解を伺います。

Q10:第0段階の重要な位置づけは築地場外市場とのつながりだと思います。これまでも時々、「日曜日に築地市場で買い物してきた」と聞くことがありましたが、多くの人にとっての築地市場は実は場外市場だったこともあります。新宿や吉祥寺などにもありますが、古い雑然とした商店街というのは大変魅力のあるまちになります。船着き場と場外市場をつなぐ地域でもあり、市場そのものが移転してしまい客が少し減ったといわれる場外市場のにぎわいをどう取り戻し、むしろ活性化させていくかはこの地域の位置づけは大変重要になります。第0段階における、築地場外市場の活性化についてどう考えるか伺います。

Q11:オリンピック後かいつかは分かりませんが、景気には波がありますので、その変動に対してはどう対応するのでしょうか。少なくてもオリンピック後には世間の目は大阪万博に移っていきます。仮定の話とはしても、契約のリスク回避という点では、プロポーザルして業者が決まった後に、都が土壌対策や文化財調査をしている間にも社会状況が変化をする可能性は十分ありえます。事業なので、千客万来施設のように事業者が撤退してしまうこともあります。大変大規模な事業を長期間にわたって行うのですが、リスク管理についてどう考えているか伺います。

Q12:「かちどき橋の資料館」は建設局の所管ですが、跳ね橋であった「勝鬨橋」の技術が展示される貴重な資料館です。休みが多いので毎日開けてほしいと思います。将来的には第3段階になるかもしれませんが、旧築地市場にゆかりの資料館等ができればあわせて観光地になるとも思います。また、都議会に陳情が出されている「マグロ塚」の敷地内への整備についても検討していただきたいと思います。まちづくり方針にも「橋の資料館」の活用にも留意することとありますが、それだけでは集客は難しいので、新たな市場の資料館等も検討してみてはと考えますが見解を伺います。

ユーティリティ

過去ログ

ページの先頭へ ▲ページの先頭へ